中央競馬のヒストリーと深い関わりがある繁殖登録数

競馬

中央競馬のヒストリーと、北海道の競走馬生産牧場は、無関係ではありません。中央競馬が賑わうほど、北海道の馬産地も盛り上がり、反対に衰退すると同じように馬産地も衰退します。

たとえば、種牡馬や繁殖牝馬など、競走馬の繁殖に使われる馬の登録頭数は、中央競馬の規模が小さくなるにつれて減少しています。登録頭数が規模と関係しているのは、生産しても馬が売れなくなるためです。中央競馬の規模が縮小すると、賞金のカットが行なわれます。賞金がカットされると馬主の懐事情が寂しくなるので、新しい馬を買うことができません。

そのため、北海道の牧場で馬を買う馬主が減るので、牧場も生産頭数を減らす必要がでてくるのです。生産頭数を増やすためには、馬を購入してくれる馬主を増やさなければいけません。また、既存の馬主に新しく、馬を買わせるための施策も必要になります。
どちらも上手くいくことができれば、北海道の牧場も賑わいを取り戻すことができるでしょう。そうすると、種牡馬や繁殖牝馬などの登録頭数も増えて、生産頭数も増えます。ヒストリーに名を残す馬は、生産頭数が少ないと生まれにくいです。海外で活躍馬を輩出するためにも、馬産地の賑わいは不可欠な要素です。