競馬騎手になるためには専門の学校に必ず行く

馬

競馬の騎手になるためには、必ず専門の学校に行って卒業しなければいけません。厩舎などに押しかけて騎手になりたいといって頭を下げて、厩舎の下働きから始めてジョッキーになるというのは無理です。日本の場合、中央競馬と地方競馬に分かれていますが、中央でジョッキーになりたい場合と地方でジョッキーになりたい場合、行く学校が変わってきます。

地方用の学校に行って地方でジョッキーになり、その後、中央のジョッキーになるための試験を受けるということは不可能ではないですが、非常に難しく、誰でも合格するわけではありません。
スクールに入った後は、馬への乗り方だけではなく、世話の仕方や競馬のルールなども学んでいきます。卒業が近くなると、観客の前で模擬レースに乗ることもあります。

これは、競走馬を引退した馬に乗って、開催日の昼休みに行われるものです。スクールを卒業した後は、基本的に厩舎に所属して、専属騎手となってキャリアをスタートさせます。